about us

EDITION88の版画

EDITION88はアートギャラリーであり、版画工房です。

販売されている版画は、全て自社で制作しています。

版画は商品の価値を証明する為に、2つの決まりがあります。

一つは、「アーティストの直筆サイン入り」、もしくは「落款」が押されていること。

二つ目は、限定数が設定され、「エディションナンバー」が記載されていることです。

全て直筆サインもしくは落款入り

世の中には複製、高級印刷物と呼ばれているものが多く存在しますが、版画には必ず、直筆サインもしくは落款が入ります。

なぜなら版画は、昔から存在する「絵画」の表現方法の一つであり、アーティストの承認の元、アーティストと版画工房(私たち)が協力して制作するものだからです。

アーティストと共に、出来上がった版画を入念にチェックします。

十分に納得できる仕上がりであることを確認した上で、版画一枚一枚に直筆サインもしくは落款が入ります。

エディションナンバー

版画は必ず限定数が決められています。

8/100という記載があれば、分母の100が限定枚数になります。分子の数字は一枚一枚の版画に振られる数で、つまり、8/100は世の中に一枚しか存在しません。

この表記はエディションナンバーと言われており、版画には必ず記載されます。

エディションナンバーこそが本物の価値、希少性を証明するものになります。

アーティストとの共同作業

アーティストが生み出すアートやデザインを、「版画」の印刷技法を用いて、忠実に再現していくことが私たち版画工房の仕事です。

そのために私たちは、アーティストと話し合いを重ねながら、アーティストが表現したいものを正確に理解した上で、それを版画という表現に落とし込んでいきます。

例えば、版画に使われる紙の質感、インクの微妙なラインの表現など、幾度にもわたる修正を重ねながら、表現したいものに近づけていく制作プロセスは、まさにアーティストと共同作業です。

展覧会開催

私たちはアーティスの展覧会を、期間限定で開催しています。

アーティストの原画展示のほか、版画作品も並べておりますので、ぜひ現物をその目でお確かめ下さい。

展覧会開催の告知は、本ECのNEWSやSNSにて案内してまいります。