キャッツ♥アイ40周年記念原画展〜そしてシティーハンターへ〜 展示内容公開!

ー圧巻の迫力とボリューム!連載時の漫画原稿を中心に原画約350点の展示。

「キャッツ♥アイ」の世界観を余すことなく網羅!甦るあの感動!

瞳・泪・愛のそれぞれ異なる3姉妹の魅力や爽快なアクション、俊夫やキャッツ特捜班の刑事面々に、泥棒紳士ねずみなど、今回の展示では、キャッツアイのカラー原画をほぼ全て網羅して、約70点を展示いたします。

コミックスの表紙や雑誌掲載時のカラーページ、パブに使用された作品、連載後に発表されたイラストなどもご覧いただけます。

モノクロ原稿はキャッツアイの魅力である「3姉妹」「日常風景」「泥棒」などのカテゴリーや、ストーリーのポイントとなった名場面を中心に約200点を展示する圧巻のボリュームです。

連載後に続編的な内容で発表された作品「恋ふたたび の巻」は、全45ページを全て展示します。
あの時大きな感動を呼んだ、素敵な恋がふたたび甦ります。

カラー原画もモノクロ原稿も全て複製ではなく、生原稿を展示。
北条司先生による、デジタルとは一味違う生原稿の魅力!
貴重な「本物」に触れられるまたとない機会です。

ー「キャッツ♥アイ」から続くもう一つの代表作「シティーハンター」も展示。

北条司先生の代表作「シティーハンター」の原画も東京では過去最大の70点を展示。

「シティーハンター」の原型となった読み切り作品は、もともと「キャッツアイ」に登場するねずみこと神谷真人のキャラクターが着想元となって、「シティーハンター」の主人公、冴羽獠が誕生しました。
この二つの作品世界の繋がりを、シティーハンターのモノクロ原稿とカラー原稿を展示することで、掘り下げていきます。シティーハンターのプロトタイプとなった、1983年に週刊少年ジャンプの愛読者賞用の読切作品として発表された「シティーハンター ‐XYZ‐」の貴重な生原稿を約20点展示いたします。
現在のシティーハンターの設定とは若干違うアナザーストーリー、ここからシティーハンターが始まりました。
そしてジャンプコミックスの表紙作品を含む、シティーハンターのカラー原画も約50点を展示。
選りすぐられた美麗な原画の数々でキャッツアイからシティーハンターへ至る進化の過程を更に体感できます。

シティーハンターの原画の約70点の展示は、都内過去最大の展示数です。

ー1979年の手塚賞応募作品から生まれた40年前の読み切り「スペース・エンジェル」を北条先生自らがセルフリメイク!一部原画展示及び全83ページパネル展示決定!

最初で最後の限定公開作品。来場者だけが目撃できる北条司40年の「進化」!

北条先生の創作のルーツのひとつとも言える、1979年の手塚賞応募作品から生まれた読み切り「スペース・エンジェル」を、先生自らがセルフリメイク。構成・ストーリーは当時のままに、40年の時を超えて全て新たに描きおろしました。

「私的に描いたもので外に出すものではない」と言われながらも、これはファンの皆様に見ていただかなければならないと、担当が無理を言って今回会場限定の公開となりました。

北条先生の最初期から、現在に至る『進化』を見ていただける非常に稀有な機会となっております。

ー会場内にはその他の貴重な資料や、フォトスポットも!

原画の他にも、当時の雑誌や書籍、作画に使用された資料なども展示いたします。
会場内に設置された「キャッツアイ」の世界観を表現した演出も要チェックです。
SNS用の撮影にぴったりのスポットもご用意しております。

 

 原画展の最新、詳細情報はこちら